<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

たまこさん

久しぶりに実家に帰ってたまこさんと戯れる。

窓辺にてぼーっ。
a0080229_20563763.jpg


ココはたまこさんの指定席。気持ちよさそう・・・
a0080229_20571312.jpg


少し太ったかな・・・「ううん、冬毛のせいなの」
a0080229_20575012.jpg


いやいや相変わらず愛おしい存在だわ。
愛くるしいお目目にフワフワの毛・・・たまに猫パンチが飛んでくるけどね。


早いもので今年もあっという間に一ヶ月が過ぎてしまった。
今いろいろと考えてしまっていることがあるけれど、
余計なことを考えずにシンプルに考えれば一番自分らしい答えに辿り着けるのかなと思う。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-31 21:54
2007年 01月 31日

スキー


仕事でスキーに行った。
何と15年ぶり・・・
スキー場は快晴で人も少なく、とっても気持ちよかった!!
私、スキーは全然行かないんだけど、あの独特の雰囲気は好きなんだよね。
一面真っ白の雪に囲まれて、有線が心地よく流れていて、現実を忘れてしまいそう・・・♪

快晴!
a0080229_20484947.jpg


雪がきれいに枝を飾っていた。
a0080229_20491417.jpg


やっぱり雪景色には白樺ですね。
a0080229_20493722.jpg


ポストカードのようなきれいな山が遠くに。
a0080229_2050164.jpg


忙しかったけど楽しかった。
今度は仕事じゃなくて個人的にまた行ってみたいな☆
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-31 21:38
2007年 01月 22日

情報


以前から気になって見ていた「ハニカム」(http://www.honeyee.com/)というサイトがある。
日本のオシャレ文化に関わる「ヒト」「モノ」「コト」の情報サイト。
情報のセレクトが面白く、いろんな雑誌を見ているような感覚になる。
ハニカムコミュニティの人たちは20代後半~40代の人たち(だと思われる)。
今もっとも活躍している同年代の彼らの日常が垣間見れるブログも面白い。
ちょっとミーハー的な感じのサイトでもあるが、実際に多くの情報を知りたいという人はいいかも♪
そのサイトがついに来月雑誌になるというから、なるほどなぁという感じ。


雑誌はもちろんテレビやラジオ、ネットなどあらゆる情報を軽々と手に入れられるこのご時世。
有り余る情報を得て、何を考え何を感じるのかは結局自分だけどね。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-22 23:48
2007年 01月 20日

無題

この前テレビで奥田民生と井上陽水がゲストで出ていた音楽番組を見た。

司会が「二人で曲を作るきっかけは何だったんですか」
と問うと、陽水さんが
「ぼくが彼の作品に感銘を受けて連絡した」と言う。
さらに司会が「例えばどの作品に・・・?」
と聞くと、陽水さんは
「“雪の降る街”のある歌詞を聞いて、おぉこの青年はすごい」と思ったそう。
その歌詞の部分とは歌の最後にある

世の中は 色々有るから どうか元気で お気をつけて

というところらしい。
「“どうか元気で お気をつけて”と言えるなんて、すごい若者だと思った」と陽水さんは言っていた。

うーん・・・その感覚わかるような。
言われてみれば確かに、という感じ。特に陽水さんが言うとなぜか説得力ある(笑

私もこの曲は大好き。
世の中、人それぞれに楽しいこともつらいことも色々あるよねぇ、でもそのすべてを自分のモノにして乗り越えていくしかないのだ。

とてもシンプルだしそんなに深い意味はないかもしれないけれど、力を抜いたかんじで、でも親しみをこめて「がんばれ」というふうに応援しているような言葉に捉えることもできるのかなぁなんて勝手に思いました。
改めて好きになりましたね。今日みたいな寒い日に聴きたい一曲♪
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-20 14:35
2007年 01月 20日

「顔」

ポール・スミス スペース ギャラリーで行われた写真展のレセプションパーティーに行ってきた。

今回はロサンゼルス在住日本人フォトグラファー、Hiroshi Watanabe氏によるポートレートを展示。
1997年のケニアから2006年の北朝鮮までの10年間で出会った人たちや物の「顔」を写した作品が会場に並んでいた。

Hiroshi Watanabe氏は「人間は皆同じ」という気持ちを込めて撮ったこれらの「顔」を見て、その奥にある感情や血脈、そして人間性を感じほしいとおっしゃっていた。
ご本人はとても気さくで謙虚な感じのすてきな紳士でした。

今回の写真展、まさに「顔」だけのシンプルな作品ばかり。
あまり表情のない「顔」の作品が多かったが、その人物の心の内に秘めているものが映し出されているようで魅せられるものがあった。
表情がないというのは語弊があるかもしれない、ただいわゆる分かりやすい表情ではないということ。それだけに凛とした佇まいや目の力強さ、生き様など、内面の美しさがとても純粋な視点で捉えられている作品が多いと感じた。

a0080229_1331573.jpg


顔って生き方によって変わっていくものだと思う。
造形的な美醜の問題ではなく、内面の輝きは絶対に表情に表れる。
いくら容姿を飾り立てても、美しくない人っている。
逆に飾り立てていなくても目を奪われてしまうような美しさを放っている人もいる。
外側を取り繕っても、その人の内側から醸し出す何かがなければ私はそこに魅力を見出せない。
特に目は訴える力が強い。私は意志的な目を持っている人が好き。
たまにそういう人に出会うと嬉しくなるし、そういう人はやっぱり話していても楽しい。

だからと言って容姿を磨くことも怠ってはいけないとも思う。
誰かと出会うとき、印象を与える外見は大切なきっかけにもなるから。
でもまずは内面の豊かさ、それが「顔」(表情)に表れる。人の美しさの基本はそこにあると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それからこれは世界で限定販売されている自転車。
イギリスの自転車メーカー Mercian社とP・スミスのWネーム。
写真では分かりにくいけど・・・かなり格好良かったです!

a0080229_1455325.jpg

[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-20 13:13
2007年 01月 17日

◇展覧会◇

見たい展覧会が続々と始まる。。。

◇ティアラ展~華麗なるジュエリーの世界~  [Bunkamuraザ・ミュージアム]
19世紀から20世紀前半に作られたティアラが100点も展示されるという。素晴らしいデザインと宝石の輝きによって、ため息の連続になること間違いなしだろう。

◇笑い展  [森美術館]
日本美術の笑いをユニークな視点で探る展覧会。芸術分野にとらわれず“笑い”というカテゴリーでくくったところが粋な感じがして興味をそそられる。

◇ギンザ・グラフィック・ギャラリー第248回企画展  [ギンザ・グラフィック・ギャラリー]
国内外のグラフィックデザインを紹介してきたgggが20周年を迎えるにあたっての企画。広告やポスターや書籍などのグラフィックデザインが一堂に展示さる。“デザイン”の奥深さ、無限さを感じられるだろうと期待が高まってしまう。

◇「今日の作家」シリーズ第11回  [神奈川県立近代美術館 鎌倉]
彫刻家の鷲見和紀朗と写真家の畠山直哉の仕事を紹介する展覧会。少し遠いが、ぜひとも行きたい!!天気の良い休日の鎌倉で美術鑑賞なんて贅沢な感じでいいかも。

◇みんなのドラえもん展 -魅力のひみつ-  [川崎市市民ミュージアム]
みんなに愛され続けているドラえもん。尽きることの無い魅力の原点を探るという何とも感動的な企画だ。

◇文化庁メディア芸術祭10周年企画
 「日本の表現力」 アート/エンタ/アニメ/マンガ   [国立新美術館]
いよいよ今月21日にオープンする新日本美術館での企画展。 日本の表現力をテーマに日本のメディア芸術を現在・過去・未来の3つの視点で紹介していくというもの。かなりオタク的な企画だと思うが、チラシの表に大きく明和電機が出ていたのでつい魅かれてしまった。


さて、いくつ行けるかな。。。♪
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-17 22:34
2007年 01月 15日

休日 PartⅡ

昨日の休日の話。

親友の出産を祝うため病院へ行った。
生まれたばかりの赤ちゃんは
とっても小さくて華奢な女の子で、とっても愛想の良い子だった。
笑顔が本当にまばゆかった。

「ここはママに似てる」とか、「このへんはパパ似だね」
などと話しながら、まだこの世に誕生して数日の彼女を囲んで幸せな時間を過ごすことができた。
彼女のパパも嬉しいのを抑えながら
「昨日より少し太ったな」などとちゃんと父親らしくふるまっていたのが面白かった。
でも彼からは愛おしい存在を手に入れた力強さをしっかり感じた。

生命の誕生はやはり偉大なことだ。
夫婦共同作業のもと新たな命が芽生える。
そして家族というものを築き上げていく。
このことは人間の営みの中で、とても大切で、とても自然なことなのだろうと素直に思う。



帰り道、銀座をブラブラしているとばったり友人に会った。
この偶然の出会い自体にとても驚いたのだが、驚く理由はもうひとつあった。
実は彼からの年賀状は実家のほうに届いており、その年賀状をつい昨日母から受け取ったばっかりだったのだ。
だから余計に驚いた。
こういう引力って本当に不思議だと思う。

さらに彼と彼の奥さんと代官山へ移動して食事をしていると、その店内で声をかけられた。
何と学生時代の友人だった。
何年ぶりだろうか。またまた偶然の出会いに驚いた。

どうしてこんな偶然が重なるのだろう。
考えたってわかりっこないんだけど、
でもこういう偶然が重なって・・・(それが結局必然であったりして)
人生が彩りを増していくのだと思う。

今日は親友とも、偶然出会った友人ともいろいろな事を語って、とても有意義な休日を過ごすことができた。
楽しかった。ありがとう。



ボリュームたっぷりのオムライス、美味しかったぁ。
a0080229_23133429.jpg

かわいいワイングラスだったので思わずパチリ。
a0080229_23135265.jpg

[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-15 22:33
2007年 01月 14日

休日

今日はとても天気の良い日曜日。
思い立って、ジョギングをしてみた。

さわやかな公園では私のように(もちろん私より本格的だが)ジョギングしている人
仲むつまじく戯れている家族
寄り添ってデートしているカップル
昼寝をしている公園在住者・・・
などなど様々な休日のあり方を見ることができた。

普段運動などしない私なのでほどほどに走ったり歩いたり。
大きな青空の下で無心で走ることは気持ちよかった。

でも疲れた・・・、運動不足を痛感した休日でした。
でもまた気まぐれで走ることも気分転換にいいかも♪
a0080229_2305956.jpg

[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-14 23:10
2007年 01月 12日

最近の事件

暗いニュースばかり耳に入ってくる・・・

中でも気になるのは身内を殺してしまうという類のもの。
親が子を
子が親を
妻が夫を
兄が妹を
などなど・・・本当に恐ろしい。
自分の手で殺めてしまう前に心の葛藤はなかったのだろうか。
それとも衝動的なものなのだろうか。
どちらにせよ、また、身内だろうが赤の他人だろうが殺人は絶対にいけない。
ただここ最近は身近な家族の命を奪う事件が多すぎる。
本当は愛すべき存在のはずなのに。
なんて悲しいことなんだろう。
命を軽視しているとしか思えない。

容疑者に共通しているのは、短絡的で自分勝手な思いだ。
自分にとって都合が悪いから消してしまいたい、いなくなって欲しい、というだけ?
それじゃあまりにも軽すぎる。
誰かを殺してしまいたいほど憎くても、本当に殺してしまうのと、そう思ってるだけでは天と地の差がある。
苦しくてつらい状況に陥ったときこそ、一人の人間の人生を、
そして何よりも自分の人生の重みを感じなければならなかったはずだ。
でもそんな冷静になれたらこんな事件は起きないよなぁ。

最近立て続けに起こるバラバラ殺人。
どうしてあんなにも無残な方法で殺せるのだろうか。
ああなってしまうのはやはり尋常な精神ではない。

殺人を起こしたことは言うまでもなく恐ろしいことだが、
私はそれよりもそんな残虐な殺人者が殺人を起こすついその前まではごく普通に日常生活を送っているということが一番こわい。

この世で一番の凶器は、壊れてしまった人間の心だと思う。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-12 23:16
2007年 01月 11日

こころとからだ

年末年始の疲れがたまっていたのか、仕事が始まったら急に体調が悪くなった・・・。
そのため、家に帰ってからも毎日ぐったり・・・
パソコンをつけることすら億劫で、ましてやブログなんて書けるような状態ではなかったー。
今日やっと(ついさきほどから)回復の兆しが!
3日ほどまともに食事をしていなかったが、ようやくおなかも空いてきた!

卵が先か、にわとりが先か、じゃないけど、
体調が悪いから余計なことで頭を抱えてしまうのか、悩み事があるから頭や胃やらあちこちが痛くなり体調が悪くなったのかわからないけど、
とにかく頭の中がデフレスパイラル状態に陥っていた。
でも、今は一掃!・・・と言っても別に悩みが解決したわけではない。
まぁ少しだけ冷静に考え直そうかな、という程度の精神状態に落ち着いただけですが。

私は「こうだ!」と思ってしまったら、もうそのときにはすでに体が動いてしまっている。
自分でもこわいくらいの驚きの行動力を発揮してしまうことが時々ある。
今回もその行動を起こしてしまおうかと気の迷いは生まれつつあったのだが、
何せこころもからだも調子が悪いので「よしっ!」っていう大きな力が出なかった。
そんな状態のときはどうせ判断力が鈍っていると自覚もしていたため勢いもつかず、結局その行動力は抑えられたのね。
まぁ、実際迷っているときは行動には起こせないものです。


「病は気から」
「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」 (だっけ?)
などなど、こころとからだはひとつなんですね。


さらにふとこんな言葉も思い出してしまいました・・・

「元気があれば何でもできる!」

コレってすごい言葉だなと思ったわ。
深い、というか、純粋というか。
猪木さん、すごいっす。。。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-01-11 23:06