灰と雪 -象と読書する子どもたち-

nmnlaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 26日

週末2

日曜のランチはヘルシー豚キャベ。
とっても簡単に作れて美味しい。
a0080229_216578.jpg


その後は国立新美術館へ!
a0080229_217722.jpg

a0080229_2172750.jpg

企画展の「20世紀美術探検」を見た。
三部構成になっていて内容が盛りだくさん。
ジャンルが幅広すぎてポイントを定めて、というか心一つに集中して見れなかったような。
ちょっと欲張りすぎかな・・・というのが正直な感想ですね。


VOGUE Cafe でちょっと一息。
a0080229_2114539.jpg
アーモンドタルト
a0080229_21144317.jpg






お茶した後は、「黒川紀章展」を見た。
彼の作品の数々についての資料と、模型などをなかなか面白いレイアウトで展示してあってこれは面白かった。
無料で見ることができるのでおすすめ。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-26 21:57
2007年 02月 25日

週末

友人が知り合いの店に連れて行ってくれた。
そこで、何と久しぶりにチーズフォンデュを食した。
昔流行ったよねぇ・・・うちにもフォンデュセットがあったような・・・
サクサクのパンにこってりチーズをからめて・・・
美味しかった~~~
ワインがよく合います♪
a0080229_23102869.jpg


続いて場所を移動してまた知り合いのお店へ。
ここでは焼酎を少し・・・と思っていたのだが、一杯飲み終わるといつのまにかグラスにまた新たにお酒が注がれていて、結構飲んでしまったみたい;;;
お水だと思って一気に飲んだら焼酎だった~・・・なんてことまでしてしまい、珍しくお酒に飲まれてしまいました。


そんな翌日、多少の二日酔いにも負けず、友人たちと昼から元気にサッカー観戦!!(ガンバVSレッズ戦)
久々のスポーツ観戦はその場の雰囲気を味わうだけでも楽しかった。
a0080229_2319996.jpg

レッズサポーターの熱気!
a0080229_23192153.jpg

でも残念ながらガンバの圧勝でした。ガンバ強いわ。
楽しく観戦できたけど、とにかく北風が身にしみたぁぁぁ。寒かったよ~。

夜は人生初のプルコギ。
たっぷりの野菜とやわらかいお肉、そして甘いたれで、すきやきみたいな印象。
お肉がとっても美味しいお店だったので今度はしっかり焼肉も食べてみたいな。
a0080229_23292297.jpg

[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-25 23:34
2007年 02月 25日

わんこ

先日、友人が新しく犬を飼い始めたということで見に行った。
犬のお散歩なんてかなり久しぶりで楽しかった。
その犬はもう13歳のおばあちゃんだけれど、とっても元気!
何の血が混ざっているか分からないけど、中型犬の雑種でとてもお利口なわんこだった。
そんな高齢のわんこを引き取る友人もすごいと思った。
よっぽど犬が好きなのかなぁ。。。

久しぶりに犬と戯れ、会話を楽しんだ。
犬は人間の言葉が分かる。
話こそできないが、その子の目を見れば何と言っているのか分かる(気がする)。

私も以前15年間ともに生活した犬がいた。
毎日毎日一緒に遊んでケンカして・・・本当の家族だった。
大好きでたまらなくて、私は純粋に愛情を注いでいた。
またいつか一緒にあそぼうね。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-25 23:15
2007年 02月 19日

in 新潟

パートナーに連れて行ってもらった初めての新潟は暖冬のおかげであまり寒くなく、雪もなかった。

新潟の街を散策しながら、旬の美味しいものを食べて、人情にふれ、
短い旅だったが、とても濃密な時を過ごした。

私は旅に行くと(例えば国内だった場合)、日本地図が頭に浮かんで、自分は今このあたりにいるんだと想像して楽しくなってくる。
今回は日本海を眺めながら、東京からはるばるこんなところへ移動してきたのねと実感した。
知らない街って面白い。そこで生活している人にとってはごく日常の風景が私にはとても新鮮に映ったりする。

広い広い世の中で、本当に様々な生活があり、人それぞれに人生を送っている。
私は今、東京のこの狭い部屋で一人ブログを書いている。(ココに載せられるようなきれいな写真をちゃんと撮ってくればよかったなぁと思いつつ・・・)
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-19 23:12
2007年 02月 14日

たかが・・・されど

「たかが○○、されど○○」
という言い回しがある。

コレって結局その○○に価値があるんじゃないか、ということだよね。
でも「たかが」と前置きすることで、○○の価値がグッと上がる効果がある。

確かにこの言い回しを使うときは、個人的な価値観で使う場合が多いかもしれない。
誰かにとっては「たかが」かもしれないけど、私にとってはそうでもないんだ、と。
その○○にはやっぱり価値があるよ、と強調して言いたいときに使う。

だから何だ・・・という話ですが・・・
久しぶりにこの言葉を耳にして、何だか心に残っただけです☆

人それぞれに価値観があり、時と場合によってそれは移ろうものであったり、ずっと変わらずに体に染み付いているものだったり。

価値観に良し悪しなんてないんだけど、自分の判断基準や感覚をしっかりもっている人は
話していても面白いし勉強になるなぁなんて思うこの頃でした。。。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-14 22:28
2007年 02月 09日

恋人

a0080229_18434336.jpg
ローマ AP通信より

『イタリア北部のマントバ郊外でこのほど、抱き合って横たわった姿勢の遺骨2体が発見された。5─6000年前の若い男女とみられ、「悲劇に遭った恋人たちではないか」と、専門家らの想像をかき立てている。 』

こんなきれいに残っているなんてすごい・・・
作り物みたい。
ただただ衝撃です。

愛は強し!!
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-09 18:51
2007年 02月 06日

岩盤浴へ

はじめて岩盤浴へ行ってみた。
何年か前に流行り始めた頃に、行ってみたいと思いつつ、結局行かずじまいだった。
今回行く気になったのは、近所にできたから!
だってお風呂に入りに行くようなものだから、絶対近所じゃないと面倒くさい。
でも岩盤浴って衛生面で一時期問題になったりして、どぉなのかな~って思っていたのだけれど、
そこのサロンは、日本で初めての何とかいう資格(説明を受けたが覚えてない;)を取得しており、安全みたい。
というワケでいざ行ってみた。

オープンしたてとあってとても綺麗なサロン。
スタッフの方も親切でまだぎこちない感じが初々しかった。
インテリアも落ち着いた雰囲気でとても気に入った。
初めての岩盤浴は思っていたより汗が出たーーーっていうほどでもなかったが、やっぱり気持ちよかったな。
何回か行くうちに体質が変わって新陳代謝が良くなっていくらしい。
朝早い時間には朝食サービスなんかもあったりするらしく、また行ってみようと思いました♪


a0080229_2383763.jpga0080229_2385978.jpga0080229_2391332.jpg
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-06 23:09
2007年 02月 03日

節分

今日は節分の日。
「鬼はぁ~外」と3回、「福はぁ~内」と4回のかけ声で豆をまく。
実家にいた頃はうちの父が毎年しっかりやっていた。
家中にちらばる豆が福を運んでくれているようで何だか好きな行事だったな。
当時飼っていた犬は外にまかれた豆をまいたそばからポリポリ食べていた・・・
その姿がすごく可愛くて思い出に残っている。

今日は近所の商店街で行われていた“豆まき大会”なるものに参加してきた。
小分けにされた袋に豆が詰まっており、まかれたその豆の袋には引換券が付いている。
引換券は駄菓子やジュース、焼きそば、豚汁など。
私はやきそばの引換券が付いていたが、近くの子どもが食べたそうにしていたのであげてしまった。

a0080229_16513231.jpg

それにしても予想以上の大盛況だったな、楽しかった♪
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-03 16:32
2007年 02月 03日

挑むこと -欲望-

今読んでいる澁澤龍彦氏の本にこんなことが書かれていた。

{自分というものの能力や、その限界を知り尽くしてしまった人に、いったいどんな冒険ができるでしょう。
わざわざ自分の本質を制限し、自分の能力の限界を小さくせばめてしまう必要がどこにありましょう。
たとえ、自分の財布の中がさびしいとわかっていても、何食わぬ顔して
つぎからつぎへと大ばくちを打つのが、いわゆるポーカー・フェイスの醍醐味ではありませんか。
あとから考えてみると、よくまあ自分にあれだけ大胆なことができたもんだ、と、われながら感心してしまうようなことがあるものです。
こういう冒険が平気でできるのも、自分で自分の限界を知らないこそです。
冒険することによって、自分の限界を破り、自分の能力をどんどんひろげていくのです。}


共感できましたね。こういう考え方とてもよくわかる。
勝つか負けるかわからないけど、力の限りやってみる。
こういう冒険や挑戦を続けることで人は成長するんじゃないかな。
「私はこんなもんだろう」と自分の領域に制限をしてしまったら、その先の道は拓かない。
成功しても失敗しても、それはあくまで結果論。
それまでの道のりや経験したこと、そして、こうしたいと前向きにがんばった姿勢にこそ真の意味があると思う。
結果が出てはじめて自分の可能性を知ればいいんだ。前もって、できる/できないの判断で領域をせばめてしまうことは実にもったいないと思う。
失敗したってムダなことって何ひとうない。絶対に何かしら学んでいるはずだから、それはやっぱり次への「成功のもと」なんだ。
昔のひとはいいことを言ったもんだ。

また本からの引用↓

{けちくさい形式的な道徳や、空虚な理想論などにまどわされず、すいすいと快楽の海を走っていく軽快な舟を想像してください。
古めかしい道徳は、暗礁です。こんなものに乗り上げたら、たいへんだ。欲望という、美しい灯台の光だけを目標にしていればよい。}



そう、挑戦や冒険の根本には欲望があるものだ。
[PR]

by nmnl-aya | 2007-02-03 15:04